FC2ブログ

マヤの伝説に肖った生きたカブト虫のブローチ”Makech"


先週また変わったハムシを見て名前を探していたら
ユカタン州の”生きた宝石”云々の話がたくさんあった。

何でも生きたカブト虫にスワロフスキーを付けた
ブローチが観光客にも人気で売れていると言うのだ。

1 1 1 1 1 1 1 4 20 na fc



1 1 1 1 1 1 1 4 24 5 fc


そのブローチはマヤ族の伝説に由来している。

クサンCuzan妃はある若者と恋に陥り結婚したいと思って
いたが、王は反対し他国の皇太子と結婚させるため
若者を”マケチMakech”と名付けたカブト虫に変えさせて妃に届けさせた。
クサン妃は泣く泣く宝石で飾りブローチとして使う事で
彼が身近に居る事を感じながら生きていたと言う。

チチェンイッツァ遺跡
1 1 1 1 1 1 1 4 24 7 na fc


時が経ってもこの伝説は受け継がれ、
結婚した時に男性が女性にカブト虫を送りそれを吊るして置く事が
”夫婦の愛情の絆”とされて来たそうです。

1 1 1 1 1 1 1 4 24 2 na fc



生きたカブト虫に宝飾する事は1980年代のファッションと関連して
人気を博し、カブト虫も養殖したものを使っていたと言う。

しかし、2015年にBBCが”自然破壊のひとつ”として
取り上げた事から事情は変わって来た。

この装飾に使われるユカタンカブト虫は減少して
保護の対象になっている事から
”絵や図案にしたり装飾用のカブト虫を人工的なものに変える”
必要があると言うのである。
1 1 1 1 1 1 1 4 21 na fc



あるジャーナリストがこの年、事実を確かめるべくユカタン州
へ行ったところ数は少ないけれどもまだ売られていたそうです。
値段は1匹15ドル程度。
1 1 1 1 1 1 1 4 24 1 fc

製作者の話ではスワロフスキーは甲羅にダメージを与えない樹脂を
使っているし、何年もマスコットとして飼う事が出来るから
”自然破壊”ではないと言っていたそうですが。。。

何事も元々の鞘(原住民が伝統としているもの)から出て違う目的の
ために使われるようになった時点で(この場合”商品”になる事)
意義はすっかり違うものになってしまいますね。
きれいだから面白いからと買う消費者にも問題がありそうです。

    




関連記事
スポンサーサイト



コメント

Re: ラーダ・ドゥーナさん

装飾云々よりも”生物を売買の対象”にする事が問題ですよね。
”命”がお金の価値に代わる事で「物」になってしまうのです。
カブトムシなどの昆虫から鳥、犬猫、果ては奴隷、女郎などの人に至るまで
買った側の私有物になるわけです。

命あるものに何をしても良いわけはないのに実際はテキトーに扱う人が多い。
帰化植物、動物がいつの間にかその辺で増え、
野良の犬猫がいる事で現実が分かろうと言うものです。
それを防ぐ方法は一つ、「買わない」事です。
毛皮、象牙の売買を防ぐために取られた方法です。

Re: pil さん

いくら小さなスワロフスキーとか言っても小さな虫にしたら重いし、
付ける樹脂だって元々ついていないものを付けられたら迷惑です。
ただ昆虫、動物をマスコットとして飼う事はどこでも行われている事で
魚を生け簀に入れる、鳥をかごに入れる、犬猫に首輪や鎖を付ける。。
などとあまり変わりないようにも思えます。

さらに子供の頃、トンボの尾に糸を付けて飛ばせたり
宿題の昆虫採集では虫を獲って殺していたし
ゴキブリ、蠅、蚊は毎日のようにバシッとやっているので(笑)
BBCの言う”自然破壊”とか”動物虐待”と言う言葉にははまらないと思います。
(ただし対象が保護種の場合は別)
マヤの伝説のものは殺すわけではないですけど
採集して標本にしてそれを「商売」にしている人の方が
よほどそれに当てはまるのではと思います。
そもそも「売買の対象」になる事が問題のようです。

No title

う~む、生きたカブトムシに装飾って・・・
いくら甲羅にダメージを与えない樹脂を使っているとは言え、これが商品として販売されるってことには違和感を感じます

昆虫の羽根などは古くからアクセサリーに加工されたしりしてきて美しいものを愛でたい気持ちはわかるけど・・・

No title

甲羅にダメージを与えない樹脂を使っていると言っても、
これじゃ重くて自由に動けないんじゃ...
養殖したのを使っていても、生物虐待という観点で問題になりそうですね(^_^;)
生きた虫である不必要があるのかなぁ...
この甲虫の飾りのついてない自然な姿が見てみたいです。

Re: kuma34 さん

装飾を別にすれば日本ではカブトムシ、スズムシを飼っている人は多く(販売も)
”自然破壊”と言う言葉は大げさかもしれませんね。
ただブローチとして買ったにせよ、家で観察するために買ったにせよ
「お金で買ったもの→生物でなく物」として扱われる事が問題のように思います。

多くの人はうまく管理していくのでしょうけど
”飼育放棄”の人もかなりいる事は金魚から始まって
インコ、ガビチョウ、亀などが野生化している事からも分かります。
このカブトムシの場合伝説から原住民、村人が
それを伝承しているだけなら問題なかったように思いますね。

Re: 園長さん

この装飾を施された虫の学名が分からず、名前のカブトムシは
甲虫の代表格のものとして暫定的に言っているものです。
スペイン語には正確にカブトムシを表す単語がないと言うのもありますね。

日本ではカブトムシをマスコットにしている人も多く
箱の中で一生を過ごさせているわけだし販売も盛んに行われています。
装飾が悪いと言うより「販売」の対象になっている事が問題のように思います。
かと言って過剰な動物保護の立場からは都会の子供たちは
一生生で動植物、昆虫を知る事なく過ごす可能性も出て来るわけで
その辺のバランスを取る事が大事でしょうね。

Re: nika4 さん

カブトムシですがスペイン語に「甲虫」全体を言う単語しかなくて
(英語のBeetleもほぼ同じ→フォルクスワーゲンの車はてんとう虫の意味)
和名の「カブトムシ」も甲虫、兜虫の一般名である事から
この虫をカブトムシとした経緯があります。

タマムシやゾウムシを樹脂に閉じ込めたものがあるんですか。
私は頂き物ですけどてんとう虫が中に入ったキーホルダーを持っています。
中の虫は結局売り物にするため殺されたわけで
この装飾カブトムシとそう変わらないように思いますし、
「収集家」と言うのも場合によっては同じ意味になりそうです。
とにかく売買が中に入ると生き物ではなくただの「物」として
扱われる事が多くなりそれは問題になりますね。


Re: 駐在おやじさん

カブトムシは日本でもマスコットにしている人沢山いますから
森から採って来る事自体は悪くないのかもですが
(保護種とかになっていなければ)
飾りにして喜んでいるのはどうかですね。

BBCに対して地元の文化相みたいな人は
「自然破壊」ではなく「伝統=文化」であると言う主張を
崩さなかったそうですが
どこにでも出て来る問題ですね。
カナダインディアンのアシカ?獲り、日本のイルカ漁など
世界には色々あります。
ただ禁止と言うのでなくそれを生活の糧として居た
事を考えなければ問題解決にはなりませんね。

Re: ぷーにゃんさん

いくら小さいスワロフスキーでもカブトにしてみれば
重いものを翅に乗せられている感じかもしれないですね。

原住民たちは伝説から「愛の象徴」のように使っていたと言いますから
それを商業化しようとした人や買おうとした人たちが問題かなと思います。

No title

ん・ん・ん・・・これはちょっとぉ(;´Д`)
虫が可哀そうかなってのが一番先に出た言葉です
お金と絡んでなく自分だけ?ならまだいいですけどね

マヤ族の伝説からクサン妃の気持ちはわかります(;^ω^)


Re: 徒然散歩さん

マヤ族、アステカ族には元々”生贄”と言う習慣があり
的になるのは人や👀動物でしたから”虫”となれば
残酷さはかなり減りますけど、生きているものに。。
と言う感覚は同じですね。

今は世界的に売買が禁止されてますけど
強いて言えば毛皮や象牙と同じで
人間の「欲」の対象になった事例ですよね。

ただ日本では「実習」の目的で行われていた(過去形は今でもある?)
夏休みの宿題定番の「昆虫採集」や理科の「カエル解剖」など
考えると研究目的とは言え生きているものを。。と言うのは同じですね。

No title

そちらのカブトムシは
日本のとはずいぶん違うんですね。
装飾が背中全体に入っているところをみると
これじゃ羽を開くことさえ出来ないのでは・・・

現代はお金がないと何もできないというところが
根本的な原因ですけど
カブトムシは作り物に替えて欲しいなぁ。

お土産物

すごいお土産物があるのですね。
タマムシやゾウムシを樹脂に閉じ込めたお土産物は見たことありますが、生きた昆虫に宝石を張り付けた物は初めて見ました。ユカタンカブト虫は角が無いですが、全てメスだけを集めたものなのか?
やはり買う人が悪いのでしょう、蘭などの植物も同じですね。ナイスです。

No title

話だけ聞いたら とんでもないと思いましたが、
伝説から来てるなら・・・・ ですね
本当に 結婚式などに送るのは良いと思いますが
観光客に対しては ちょっと ><

でも それで暮らしてる人もいるんですよね
自然破壊と、 生産者の生活を守る 両方をみなければ
難しい問題です

でも こんな文化があったんですね。
買いたいとは思いませんが、 見てはみたいです

  駐在おやじ

No title

おはようございます。

生きたカブトムシにスワロフスキーですか😲
う~ん、正直可哀そうって思っちゃいました。
自然破壊というより虐待じゃ・・・
カブトムシさんも迷惑ですよね

こんばんは

驚くような話ですね。
生きたカブトムシに宝飾して販売すること自体が日本ではゆるされないでしょう~
それを買う人がいることも驚きですね。
生きている虫をブローチにして、死んでしまったらどうするのでしょう~
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する