fc2ブログ

アカハラハイイロリス再び クロリスも


先週金曜日は職場の研修日で1時間ほど早く切り上げたので
ガソリンスタンドの向こうの牧場へ。
公社の駐車場に蝶が集まっているかもと思っての事でしたが
結構野草が刈られていて期待外れでした。

もっと向こうの牧場に行くと久しぶりにリスがいました。

1 1 3 3 fc

結構遠くだったので前の写真↑


前この辺に居たのはメキシコハイイロリスですが
(茶と灰色の部分がちょうど反対になったようなリス)
6 11 na fc


これはアカハラハイイロリスです。
6 7 na fc


すぐ私に気付きましたが
6 5 na fc


遠いから良いやと言う事でしょう。
寝そべったり
6 6 na fc


身繕いしたり
6 8 na fc


カキカキしたり
6 9 na fc


全身のお手入れでした。
6 10 na fc


とうとう全身が見れませんでしたが
実際は中々面白い毛色です。↓
1 1 3 2



近くにはこれも久しぶりに見る野草
アフェランドラ(キツネノマゴ科)
6 21 na fc


珍しい植物と思ったらマンゴーの幼木の新葉でした。
6 20 na fc


向こうにはもっと遠くにいたらしい羊たちが
ぞろぞろと草食みにやって来ました。
6 22 na bu fc



そうこうしている内に向こうに現れたのはこの辺で
最も多いクロリス。アカハラもこのクロも
メキシコハイイロリスのバリエーションで同じ種
6 12 na ya fc


結構大きなものを咥えていますがよく見えません。
6 23 fc



かなり近くの枝を通ったのですが
シャッターが間に合わないぐらいの速さで移動していきます。
6 13 na ya fc


上下左右自在にだけでなく時には跳んで動きます。
6 15 na fc


どんどん奥へ行って見えなくなりました。
6 14 na fc



僕も居るよ~とオレンジムクドリモドキ

6 3 na fc


何か美味しいものを見つけたようです。
6 2 na fc


蜘蛛の巣のようなものが見えるのでかかっていた虫かな?
6 1 fc


食べ終わって満足して去って行きました。
6 4 na fc


自宅近辺ではほとんどリスを見なくなっているので
2匹も見れて楽しい日でした。


  









スポンサーサイト



永遠のあの歌声あの曲 男性シンガー編


最近パソコンで何かしている時にYouTubeの音楽を流しながら
と言う事が多いのは大晦日の記事に書きました。

最初は懐かしいフォークソングに限っていたのですが
その前後、また同時期にロックや所謂歌謡曲とは違うと言う意味で?
”ニューミュージック”と言うものが台頭して来ていました。
”フォークソング”はアコースティックギターを使い
”ニューミュージック”とはドラムやエレキギターを加えたもの
と言う分け方でもあったようです。

フォークもニューミュージックも多くがシンガーソングライター
であり、テレビ出演を拒んでいたため曲は聞いた事があるけど
顔も知らない人がほとんどだった事に気付きました。

1 5 32 fc


今は多くのシンガーが60代またそれ以上にもなっていて
すでにリタイアしている人も居るし、いつ何時その姿さえも
見られなくなる事もあるかもと思いまとめて置く事にしました。

動画はライブでの収録などで顔が見られるものを探したので音質が今一
また最近の歌唱ではやはり声の衰えが目立つので当時のものを探してみました。


小田和正(オフコース)
「さよなら」

最年長60代でアルバムチャート1位の記録を持つ


玉置浩二(安全地帯)
「ワインレッドの心」

井上陽水のバックバンドを務めていた事があり
4度の結婚の内、女優、歌手の薬師丸ひろ子さんが2番目の妻


松山千春
「季節の中で」


未だに紅白歌合戦に出る事を拒否している。

本来ギター弾き語りですが↑
バックバンドを使ってのコンサートも↓




さだまさし(グレープ)
「精霊流し」

元々はバイオリンを学んでいて後に歌手になった異色派
日本で最も多くソロ・コンサートを行った歌手
2019年10月付けでその回数は4400回以上


小椋佳
「白い一日」

東大法学部卒のエリート銀行マンから
シンガーソングライターへの超異色派
カセット?をレコード会社へ送って認められたは良いけど
会う事になった喫茶店で顔を見たディレクターは
”約束して失敗した”と思ったとか。。(笑)

「夢追い人」と「彷徨」の2枚はオリコンTOP3に
連続11週チャートインと言う最高記録を持つ。


原田真二
「Teen Blues」



吉田拓郎が送られて来た3000のテープの中から選び
デビューをプロデュースした。
ピアノ、ギターが主だが他の様々な楽器も演奏できる
マルチプレーヤー、マルチミュージシャンである。



デビューの3曲が同時にオリコンベスト入りと言う史上初の快挙の他
10代で初アルバムが1位獲得すると言う唯一の記録も持つ。(2018年)

新時代のロックスターとも言われ積極的にTVにも出演したが
”アイドル”と見られる事を嫌い、賞獲得レースを辞退したり
などして”生意気”と取られる事も多かった。


この他今でも(60代~70代)活動を続け人気を誇っている
長渕剛、桑田佳祐、浜田省吾さんなどがいますが
好みで興味がある方はご自分で。。(笑)

パッションフルーツがごろごろ


車であちこち観察に行く時に何回か道路で出会っている
サイクリングを趣味にするご婦人がいます。
前回会った時に家にパッションフルーツがあるから見に来て
と言われていたのを思い出して行ってみました。

1 5 25 fc



今は賃貸で住んでいる隣の家族は隣区に牧場を持っていますが
家畜の世話をする時間がないので半分は果樹園にしています。
一度招待してくれた時にパッションフルーツも植えてありました。
多分そこで生った実から種を持って来て植えたのでしょう
隣家にもパッションフルーツのつるが伸び花が咲いています。

6 2 na fc

6 3 na fc


かなり大きくなってライムの木を被ってしまうほどに
なっているのですが全く実を見ないのです。
6 4 na fc


そこで思い付いて彼女の家に行ってみたのでした。

9 7 aka na ok fc


生ってる生ってる。。ごろごろ生ってます。
9 8 aka na fc


夕方で建物の陰になっている上
結構高い所にあるので暗くて。。
ネットからの写真載せます。↓
1 5 24 fc2


お母さまが植えたと言う株は棚が作ってありました。
9 9 na aka fc


が、上の方が好きなのか
下の方は花も実もありませんでした。
9 12 fc


食べごろは黄色くなってからだそうです。
ジュースにするには結構な数要るので
見せてくれただけ。。(*´з`)
9 5 na fc2


赤紫になるものも
1 5 27 na fc2




一度墓地駐車場に生えていたものを採って来ましたが
1 5 29


皮が薄くて中は果肉はなくて種ばかり(左)
右の家にある野生種同様鳥の餌にしかならない感じでした。
1 5 30

さらに花を見るだけでもと思い種を植えたのですが
2~3日後には堀り返されて何もなくなっていました。(-ω-)/


⏰⏰⏰⏰⏰


実は3年前にお母さまが亡くなられて他にこれと言った植物は
なかったですが2羽のオオキボウシインコが居ました。
9 10 fc

やはり人見知りしてあまりしゃべりませんでしたが
辛うじて(嫌々ながら 笑)
”オーラ”(こんにちは)だけ言いました。

9 11 na fc


裏からは湖が見えていました。
以前はこの手前まで水があって小舟で繰り出す事も出来たそうですよ。
ホテイアオイで埋まってしまったのは水質汚染と温暖化の影響でしょう。
9 13 na ok fc


少し世間話をしてお暇しました。



湖には靄が立ち込めて相変わらず水鳥の姿は見えず
9 14 na fc


9 17 fc


団体で居る事が多いカワウも
1羽のみ
9 16 fc


使い終わったと思える
崩れたオレンジムクドリモドキの巣が1個
9 18 fc


たくさんパッションフルーツを見たものの
ちょっと寂しい観察の日でした。





1日前のウルフムーンは白かった ウタムクドリモドキの集団


今年はいつもの散歩コースにも通りにも冬越しに来る鳥
どころか常駐組すら少なくて今日も散歩するだけか
と思いながら散歩に出かけました。

ふと向こうを見ると満月が。。
(調べてみると満月の1日前でしたが)

7 6 na fc


1月の満月は狼の繁殖期である事から
ウルフムーンと呼ばれるそうです。

7 3 na bu fc


いつの間にか日が長くなりまだ結構な光量があるので
白く見えているんですね。

7 2 na bu fc




中学校の後ろの通りには去年から
ウタムクドリモドキの集団が来ています。

先日の散歩から
7 8 na fc

学校の裏で夜は人通りが少ないため
ゴミの不法投棄が多く、ゴミを漁っているようでした。

7 9 na fc



今日は多くがマンゴーの木に止まっていました。
7 12 na fc

7 11 aka na fc


私に気付いて睨みを効かせているものが
”見世物じゃないんだよ”
7 10 na fc


何か食べているのじゃなくしきりに鳴いているのです。
”歌”と付くのはこの習性からでしょう。
7 13 aka na fc


皆で”フュィアーフュィアー”
辺りに響く声です。



キダチヨウラクの木に移ったものが数羽
やはり”フュィアーフュィアー”
小さめですが数集まれば迫力です。
7 16 na fc


俗名メキシコカラスのオナガクロムクドリモドキも
遠慮して他の木に数羽いるだけ
7 14 na fc


空いている枝がないほどの去年の大群に比べたら
今年はまだ少ない方です。
1 2 18 fc


ウルフムーンに別れを告げて
7 7 na fc



🌕🌕🌕







夕暮れの中に家族連れのアカハシリュウキュウガモ 恒例のツバメも


雨が続いて牧場が冠水状態になったもののウキクサに被われている
からか水鳥の団体を見る事はありませんでした。
でもここ10日ほど雨が降らずにいたので行ってみると
案の定水鳥が集まっているところがありました。

1 13 na fc


時間が遅くてはっきりした写真が撮れませんでしたが。。

向こうの電線に並んだ黒い点は
1 11 na fc


尾が短い事からキタオビナシショウドウツバメでしょう。
1 12 na fc


この間町中で千羽ぐらい居そうな群れが飛んで行くのを見たし
最近も町中で飛び交っている何羽かを見ます。
1 5 5 na


ツバメの群れに混じってクビワヤマセミも1羽
1 16 na fc



さらに先の牧場には30羽超の水鳥

1 28 na ma fc



アカハシリュウキュウガモですが
大きいものが1羽に周りに居る数羽は小さいので子たちでしょう。

1 26 bu fc


かなり遠いのに親鳥はこちらを警戒
1 27 na fc


アメリカレンカクの親子も混じっています。
1 18 na fc


どぶんと頭部から水中に突っ込んで採餌
1 20 na fc


一度10羽以上の大き目の子を連れた家族をやはり夕方見た事がありますが
もっと小さいこんな縞々の雛たちも見たいものです。
1 5 7 fc2 ok



2羽だけですがミカヅキシマアジも
1 21 na fc


雌2羽のようです。
1 22 na fc


3種が仲良く同じ場所に
1 23 na fc


はっきり見ようと2日後行ってみましたがもう居ませんでした。
1 5 4 fc



少し天気が続きそうに見えたのに土日2日はまた雨でした。
今日も1日小雨と曇り、過ごし易い気温なのは良いけど
次に晴れると急に35℃とかになってまた体調を崩すのが心配です。


☔🌤☔🌤☔