fc2ブログ

大きくなったセンダングサに赤いきれいなハムシ他たくさん昆虫


5月ごろでしたか、裏庭の端にセンダングサが1本生えていました。
外に出ればいくらでもその辺にあるものの庭では初めて見たし
蝶が好んで来るのを見ているので残して置く事に。

8月末~9月は確かに色々な蝶が来ていましたが
その後一旦花も少なくなり蝶も来なくなっていましたが
最近は他の昆虫が来ています。

10 11 na fc hyo


初見の赤いハムシ
10 9 na fc

Disonycha antennata
10 12 na fc


筋があって特徴がハッキリしているので
すぐ名前が分かると思ったのですが
似たものがたくさんあるだけで同じものは見つかりませんでした。
1 3 na ok fc

1 4 fc



ひょっとしたら左上のものの成長段階の違い?
10 14 na fc hyo2


今年の5月は暑さも最高で樹木にも水遣りをするくらいでしたが
このセンダングサと女王マダラの食草であるトウワタにも
水遣りを欠かさずに居ました。
すると。。
道端にあるものはせいぜい50~60㎝なのに
この株は1m以上に育ちました。

10 2 na fc2


野草もちゃんと管理すればよく育つと言う例ですね。
10 4 na fc


次のお客さんは嫌われもののカメムシ

10 5 na fc
Hypselonotus lineatus

この辺では最もきれいな模様のもの
10 6 na fc


下部はベージュ色
10 5 1 na fc


顔や脚にもラインが入っておしゃれ
"そう? ありがとう”
10 5 2 na fc


こちらは和名が分かりませんが
蜂や虻に姿を似せたハエだそうです。
10 23 na fc

Palpada albifrons
10 22 na fc



こちらが普通のミツバチ🐝
花芯の大きさと比較するとかなり小さいのが分かります。↑
10 26 na fc



セセリチョウも1頭
10 29 na fc



そして。。葉巻虫も
10 35 fc



久しぶりのコガネグモ
10 31 na fc


逆さまになったままでうまく撮れませんでしたが
模様が違ってひょっとしたら違う種類かも?
こちらはいつも見るコガネグモ
1 5 2 fc2




おまけの話で
お気に入りのマットがボロボロになって捨てました。

10 32 na fc


ロートレックの絵↓を付けたもので
珍しいものなのに残念です。
またどこかで売っていると良いんですが。。
3 5 na fc


☕☕☕




スポンサーサイト



かぼちゃのマフィンやフラン風おやつ ガラナの仲間


先日八百屋さんにこの辺では珍しいひょうたん型のカボチャを発見。

もちろんすぐ買いましたが大きいので色々おやつを作りました。

マフィン
17 1 na fc2

17 2 na fc2



日本にある種類で言うと
島かぼちゃ”風かな

17 21 fc


実は昔このかぼちゃの種をもらってと言うか
1個もらったものの種が生えて何と2株で20個生った事があります。
その方は娘さんが北部に住んでいてもらったものだと
言っていたのでどうやら北部産のもののようです。
1 4 1


この辺でいつも売っているのは
丸型で中身もズッキーニに似て水分の多いもの
1 4 4 fc2


こちらは果肉がもっと引き締まっていて
日本のかぼちゃにほぼ準ずるものでした。
17 4 na fc



今回はフラン風も作ってみました。
17 5 na bu fc

マフィンもフランも美味しかったです。👍




夕方湖の先の方へ行ってみました。
17 13 na fc


水は満々なのに鳥はほとんど居ず
ノバリケンが1羽泳いでいるのみ
17 12 na fc


ノバリケンは野生のアヒルですが
今は家畜として飼われているものも多いようです。
1 4 5 fc



久しぶりに空が晴れて月がきれいに見えていました。
17 9 na fc


17 10 na fc



見るものもないなぁと辺りを見回すと
ガラナの兄弟植物がありました。

17 17 na fc


ガラナは薬効のある実がなる
ブラジルなど南米原産の植物
何故か日本では北海道で飲料が売られていて
私には結構身近な植物です。
1 4 6 na fc



かなりたくさん実が生っています。
17 16 na fc


オリジナルガラナは丸いですがこの辺のはアーモンド形
でも中はそっくりですね。
近寄れればいくつか採る事も出来るんですが
バラ線があって近寄れません。(*´Д`)
17 18 na fc



さて入口付近にはまたあじゃ~の光景が。。
17 14 fc


道を広げるとかでしょうか。
数本の大きい木が切られていました。
またまた鳥の観察場所が減りそうです。
17 15 fc



  







珍しく単独のアカハシリュウキュウガモ ツルキントラノオの仲間


もうほぼ1か月にもなりますがレモン湖へ行った時の帰途の事です。
トピックはマミジロイシチドリのみと思っていたら
地区入口の橋の近くに結構鳥が来ていました。


アカハシリュウキュウガモ
15 7 na fc


番いの2羽で居るのが普通ですがこの日は1羽で
15 2 na fc


辺りを見回しているので私もその方向を見てみましたが
近くにお相手さんは見えませんでした。
15 4 na fc


私に気付きましたよ。
15 6 na fc



水嵩が増しているのにまた水草が増えているようです。
16 2 na fc


かなり向こうに茶色いサギ
オオアオサギの若鳥です。
16 1 na fc


ツルモドキも1羽
16 3 na fc



ギネアキビの穂が目立って来ています。
16 6 na fc


飼料として取り入れられて
今では世界中に広がっているようです。
結構実が入るんですね。
16 5 na fc



橋を過ぎてふと道端の草わらを見ると
初見の野草が
16 9 na fc


どうやらツルキントラノオの仲間のようです。
16 11 na fc


かなりわさわさに育っていました。
16 7 fc



ただこの辺にあるツルキントラノオは
もっとつるが長くて花も黄色
1 2 5 na fc


アセロラもキントラノオの仲間ですが花はピンク
固有名は宿題となりました。
16 12 na fc


結構可愛い花なので実が生る頃に行って
種を採って来ようと思っています。

それにしても何十回も通っている場所に初見の花を
発見とはラッキーな日でした。


帰り路にあるスーパーに寄ってから帰りましたが
町が宇宙基地のように見えていました。
これは夕闇の中に石油公社の余剰ガス燃焼場の炎が光って見える状態
雲が立ち込めているためこんな風に見えたと思われます。
21 8 na fc




🦆🦆🦆




チョコのアートとモリニージョ カカオフェスティバルにて


カカオフェスティバルの続きです。

会場は主に飲食用のチョコレート、子供のイベント広場、
チョコレートのアート、物産展の4つの部に分かれていました。

特に興味を持ったのは飲用のチョコレート(ホットココア)
を作る時のモリニージョでした。

14 15 na fc


カカオや土地の風物を含む絵画展

12 13 na fc


子供のイベント広場ではチョコレートで描く絵画展
14 1 fc



そしてチョコレートで作る造形の部

マヤ族の女性とスイレンでしょうか。
14 4 na fc


こちらはコンクールになっていてちょうど
地元のTV局が来て録画しているところでした。
14 7 na fc


こちらもマヤの神殿(ピラミッド)にあった
球技に使ったと思われる石の輪や
ククルカン(神の遣い)が付けられています。
14 30 fc


すでに出来上がった3作品
14 31 fc



チーズやバター、チリ売り場
14 11 na fc


”ロンポペ”と言う卵とロン(ラム酒)を使ったお酒
クリスマスに用意する人も多いものです。
14 29 fc



ちょっと面白いアクセサリーの店がありました。
14 22 fc


何が材料なのか気になりましたが
買う気はないのでパス
14 23 fc



カカオ豆とモリニージョの展示

14 12 na fc


14 27 fc


チョコレート(ココア)を作る時に昔はこのモリニージョで
牛乳、砂糖とよく混ぜ泡立てていたわけです。
今はミキサーがあるので使う人が居なくなりました。
1 13 na fc


これを売っていたのは北部の州から来ていた民芸品屋さんのみ
14 16 fc



この傍にはちょっとした休憩所
14 14 fc


カカオの木を囲んで太古の世界に迷い込んだ雰囲気
14 13 na fc



外の池のほとりで少し休んでから帰途に
14 18 na fc


仲良しクロコンドルのご夫婦
14 17 na fc14 19 na fc



お~ここにキタオビナシショウドウツバメが
14 20 na fc


14 21 na fc


住んでいる町に来る事もある尾の短いツバメ
1 1 2 na


”俺様も居るよ” クビワヤマセミも居ました。
14 25 na fc



付けたし:
何回もここには行っているのに入口付近にあった
この銅像に気付いていませんでした。
タバスコ州で最も有名になった歌手
チコチェ” (1945-1989)
12 1 na fc



色々見た中で買ったものです。

左からチョコスプレッド、グアテマラのチョコ、ベリーズのチョコ
そして手前がモリニージョ
実はシンプルなモリニージョは持っているんですが
もう少し凝ったものを買いました。
両手でくるくる回すと輪っかが動いて
ミキサーの役目をすると言うわけです。
14 28 fc


ベリーズのチョコとスプレッドは食べてみましたが美味し過ぎるほど。
もっと買えば良かったと後悔しているところです。


🍫🍫🍫




カカオフェスティバル


11月20日はメキシコの「民主主義革命の日」で祝日ですが、
コロナ前のようにパレードやイベントを行った市町村もあれば
日曜と言う事で何もしなかったところもありました。

私の住んでいるところでは何もなかったし
2週間かそれ以上に渡る雨続きの中久しぶりに晴れたので
州都で行われている「カカオフェスティバル」に行って来ました。


1 3 bu fc



今ではアフリカや南米、東南アジアでも栽培されていますが、
カカオは元々メキシコ~中米原産のものです。
今回はグアテマラ、ホンジュラス、ベリーズなど近隣国、
また遠くはイタリアも参加しての事でした。
12 7 na fc

1 3 na fc



このフェスに先駆けてメキシコシティでもあったようです。
ここタバスコ州は国内でも重要な生産地でフェスがあるのは
知っていましたが行ってみたのは初めてです。
1 3 1 na fc


会場には色々な工夫がしてありました。
入口付近には子供たちや私が喜びそうな(笑)動物園風展示

ワニ🐊は連れて来るわけに行かないので
頭蓋骨だけ(笑)
12 2 na fc


こちらは多分川亀でしょう。
12 18 na fc


タランチュラ
12 3 na fc


中はチョコ、チョコまたチョコ。。
12 6 fc



先へ行くとチョコを使ったアート部門の展示

「Yumka」(ジュンカ)と言う州のサファリを
チョコで表したもの
1 3 2 fc


1 3 5 li


すぐ横ではこのサファリを作った工房の人たちが
次の作品を作っているところでした。
12 17 na fc


食べられないアート部門
12 8 na fc



カカオの形の土器に絵を付けたもの
12 11 na fc


値段はおよそ5万円
12 9 na fc


カカオだけでなく物産展もありました。

椰子の葉を細く裂いたもので編んだ
土地の産物のアリゲーターガー
12 12 na fc


ドゥルセ(甘いもの)
かぼちゃ、パパイヤ、サツマイモ、ココナッツなど
12 14 fc


皮製品や地元の材料を使った小物
12 16 fc


アクセサリーもたくさん
12 15 fc


そう暑くもない日で中は冷房効きすぎの感じで
途中で外へ出たくらいでした。
私は午後1時ごろに会場に着いて午後4時ごろ会場を
出ましたが市内に住んでいる人たちは
この時間に続々と来ているところでした。


後半に続きます。


🍫🍫🍫