fc2ブログ

歯磨きの木 オオハシノスリ


コロモ地区方面へ向かう道路縁の石油公社のブロック塀に
つる性植物が繁茂している事がありました。
(12月に見て記事にアップし忘れていたもの)

歯磨きの木”と呼ばれ
歯磨き剤の材料にもなっているそうです。
3 41 na fc hyo


花は小さいですがちょっとアルメンドロ(モモタマナ)の
ものに似たきれいな花です。
3 42 na fc


つるは10mにもなるそうで
なるほど20mぐらいの部分にわさわさになっていました。
3 32 na fc


学名はGouania lupuloidesと言い
クロウメモドキ科の植物
3 34 na fc


歯磨きする時には枝の一部をとり
ガムのように噛むと言う事です。

3 36 na fc


英語名は”Chew stick”
3 39 na fc


中米ジャマイカでは
パウダー状や刻まれたものが売られているそうです。
1 1 1 6 fc


インドやマリ共和国では”ゲセ”と言う木の枝の先を
ほぐしたものが歯磨きに使われるようだし、
”ミントの葉”や”ニーム(インドセンダン)”で歯磨きするところも。
クロモジ、竹、胡桃(クルミ)を使う地域もあるようです。
日本では”なすのへた”が歯磨きに使われていた事もあったようです。
もっと調べたら色々出て来そうです。




そろそろコロモ地区には水鳥が多くなって来ているようですが
12月はまだ水が多くて余り見られませんでした。
3 26 fc


オオハシノスリが1羽いました。
3 25 na fc


少し移動したらまたそこに現れて
3 28 na fc


挨拶までしてくれました。
愛嬌のある鷹ですね。
3 30 na fc


ツルモドキと2羽のアメリカレンカクも
3 31 na fc



9月から12月まで雨が降り続けていたのに
もう彼是3週間近く全く雨が降りません。
3 27 fc


中北部はまた深刻な雨不足に見舞われているそうで
ここはダムの水量がなくなるほどまでは行かなくても
また暑い乾燥した時期が来るのかと思うと嫌な予感がしています。




スポンサーサイト



パッションフルーツがごろごろ


車であちこち観察に行く時に何回か道路で出会っている
サイクリングを趣味にするご婦人がいます。
前回会った時に家にパッションフルーツがあるから見に来て
と言われていたのを思い出して行ってみました。

1 5 25 fc



今は賃貸で住んでいる隣の家族は隣区に牧場を持っていますが
家畜の世話をする時間がないので半分は果樹園にしています。
一度招待してくれた時にパッションフルーツも植えてありました。
多分そこで生った実から種を持って来て植えたのでしょう
隣家にもパッションフルーツのつるが伸び花が咲いています。

6 2 na fc

6 3 na fc


かなり大きくなってライムの木を被ってしまうほどに
なっているのですが全く実を見ないのです。
6 4 na fc


そこで思い付いて彼女の家に行ってみたのでした。

9 7 aka na ok fc


生ってる生ってる。。ごろごろ生ってます。
9 8 aka na fc


夕方で建物の陰になっている上
結構高い所にあるので暗くて。。
ネットからの写真載せます。↓
1 5 24 fc2


お母さまが植えたと言う株は棚が作ってありました。
9 9 na aka fc


が、上の方が好きなのか
下の方は花も実もありませんでした。
9 12 fc


食べごろは黄色くなってからだそうです。
ジュースにするには結構な数要るので
見せてくれただけ。。(*´з`)
9 5 na fc2


赤紫になるものも
1 5 27 na fc2




一度墓地駐車場に生えていたものを採って来ましたが
1 5 29


皮が薄くて中は果肉はなくて種ばかり(左)
右の家にある野生種同様鳥の餌にしかならない感じでした。
1 5 30

さらに花を見るだけでもと思い種を植えたのですが
2~3日後には堀り返されて何もなくなっていました。(-ω-)/


⏰⏰⏰⏰⏰


実は3年前にお母さまが亡くなられて他にこれと言った植物は
なかったですが2羽のオオキボウシインコが居ました。
9 10 fc

やはり人見知りしてあまりしゃべりませんでしたが
辛うじて(嫌々ながら 笑)
”オーラ”(こんにちは)だけ言いました。

9 11 na fc


裏からは湖が見えていました。
以前はこの手前まで水があって小舟で繰り出す事も出来たそうですよ。
ホテイアオイで埋まってしまったのは水質汚染と温暖化の影響でしょう。
9 13 na ok fc


少し世間話をしてお暇しました。



湖には靄が立ち込めて相変わらず水鳥の姿は見えず
9 14 na fc


9 17 fc


団体で居る事が多いカワウも
1羽のみ
9 16 fc


使い終わったと思える
崩れたオレンジムクドリモドキの巣が1個
9 18 fc


たくさんパッションフルーツを見たものの
ちょっと寂しい観察の日でした。





極小の瓜 アメリカスズメウリ 実は当たっていた


長雨の影響でしょうか、前は裏庭にたまに見るぐらいだった
アメリカスズメウリが前庭に繁茂しています。

1 2 11 na fc2

1 2 12 na fc


つるが縁のコンクリート上にまで伸びて来ているのに
気付いてはみ出ている分は取ったものの
芝生の中にも伸びていて危うく足を取られそうになった事があるほど。


黄色のイソクラ(サンタンカ)には元の葉が隠れてしまうほど
かなり巻き付いていました。
1 2 15 na fc


どうりで最近花が咲かないなぁと思っていました。
ただでさえ雨続きのところ光量不足になりますからね。
1 1 1 11 fc2


学名はMelothria pendulaと言い
”ぶら下がるメロン”と言うような意味

1 2 16 na bo bu fc


つるの茎から長い柄が出て
その先に実がなります。
1 2 14 na fc2



そっくりなもので
栽培されているものがあるようです。
1 1 1 9 fc2



やはり苦みがあるようですが
ピクルスなどにして食用にするとか。
1 1 1 6



Pendulaの方はやがて黒くなります。
1 2 13 na fc


中は似た感じできゅうりとメロンを
合わせたような美味しそうな香りがします。
1 1 1 5 fc

薬用としても使われるし、食べられるとウィキにはありますが
葉や茎は有毒で注意とあり、食べる気にはなれません。
苦みがあると言うのは案外苦瓜と近縁になるのかもしれませんね。


こちらはネットからの写真ですが
こんなに繁茂する事もあるんですね。( ゚Д゚)
この辺でこれくらい繁茂するのはやはり小さい実の生る”野生苦瓜”で
スズメウリはこんなにまでなっているのを見た事はありません。
微妙に繁殖条件が違うようです。
1 1 1 7 fc




トケイソウには去年とは違うカメムシかサシガメ

お子様が1匹
1 2 21 fc


こちらが親御さん
こちらを睨んでいる感じで少し近づいたら逃げました。
1 2 20 fc



🍰 🍰 🍰 🍰 🍰


ところで集まりで食べた以外に全部で3切れロスカを頂いて
冷蔵庫に入れて置いた分を一昨日、昨日、今日と食べましたが

1 2 na fc


ちょっと底を見るとキリスト人形が。。👀
1 2 1 na fc

”当たり🎯”だったわけです。
1 2 2 na fc


でも集会後に見つかったんだからこれはなかった事に。(笑)
余興になっているとは言え一瞬ドキッでした。(ToT)/~~~


🎯🎯🎯






また雨天でカジェホンの散歩のみ ツバメの大群


クリスマスイブの24日と次の2日は雨が降らなかったものの
曇り時々晴れ、そして一昨日からまた結構な雨になっています。

友人とどこかへ食事にと言う予定でしたが
それもどうやら来年に持ち越しになるかもしれません。

夕方カジェホン(裏通り)を通って散歩がてら買い物に。

雨のお陰で?ニオイバンマツリがきれいに咲いていました。

2 7 na bo fc


2 6 1 na fc2


アメリカ大陸熱帯が原産地になっていますが
花はちらりほらりで良い方なので
ひょっとしたら何かの間違いなのかもしれません。

こんなに咲いた状態をみたいものです。↓
1 6 6 brunfelsia-pilosa- fc




一方チャイニーズハットは増々華やかになっていました。
2 10 fc


2 11 bo fc


ハチドリが来るはずと少し待っていたら
来たけど今回は見せよがしに目の前を通っただけで
枝に止まってくれませんでした。(ToT)/~~~
2 15 fc


ニオイバンマツリに比べたら
ブーゲンビリア同様気候が合っているんでしょうね。
2 13 fc


天気が悪いからかいつも良く見る鳥も見当たらずでしたが
コオレンジムクドリモドキが1羽
2 17 na fc


そして向こうに見えたのがツバメの大群
2 18 fc


1群去ってまた1群で千羽ぐらいは居たかもしれません。
2 19 na fc


この時止まるものはいませんでしたが
近くの湖に何羽か居るのを見ました。
2 21 na fc

2 22 na fc



すぐに飛んで行ってしまいましたが
1羽だけ”私よ”とモデルになってくれました。
2 25 na fc

2 24 fc


たぶんキタオビナシショウドウツバメでしょう。
1 6 5 fc



裏庭には久しぶりのナツフウキンチョウの♀
2 3 na fc2 4 na fc


赤い♂はきれいなんですが今年は1度も見ないで終わりです。
1 6 8 fc



雨続きでちょうどパソコン💻のある部屋の後ろで
夜になると鳴いているものがいます。
鳴き声が変わっていてジィーーーーと言うセミのようなもの
昨日近づいてみましたが全く姿が見つからず。
地面にいるのでカエルだと思うのですが。。
ちょっと調べてみるとカエルもゲロゲロばかりじゃないんですね。👀





いよいよ大晦日が迫って来ましたね。
”ホリデーハート症候群”と言って心臓病で亡くなる人が多いと言う
統計があるそうです。また交通事故も多いそうですので
ここははやる心を落ち着けてですね。年末ではないですが
実際私が交通事故にあったのは14年前の12月13日でした。


🚙🚙🚙




パキラ・アクアティカ(水辺のカカオ) 遠くに謎のタカ類


(レモン湖観察の続きです)
レモン湖近くは台地状になっていて結構遠くまで見渡す事が出来ます。
その見渡せる場所のひとつにあるパキラの木に
花が咲いていて実も生っていました。

3 17 fc


3 16 na fc


大木でもないけど低木でもないはずですが
6月にも花を見ているので年2回花期があるようです。
1 5 18 fc


水辺のカカオとも言われて湿地周辺に自生していますが↓
ここは高台だからか何となく花も実も少ない感じです。
1 5 19


実の中はカカオにそっくりで
実は食べられます。
(一度試食してみたらじゃが芋のような味でした。
ただしギンネムなどと同じで少量の有毒成分を含むので注意)
1 5 20 fc



向こうの方の木にけたたましい声を出しながら
飛んで来たのはチャイロカケス(ブラウンジェイ)
3 12 na fc



向かいの水溜りの傍には
3 9 fc



主にアマサギが”もぐら叩き”状に散らばっていました。(笑)
写真を後で見て気付いたんですが
→で示したところにアメリカトキコウが1羽いました。
3 10 na ya fc



あっという間に日が暮れて来て
これ以上先に行かない事に決めました。
3 21 1 na fc



3 20 fc



ずっと向こうの大き目の木にタカ類が1羽
3 22 na fc


暗いのと遠いのとでこれ以上アップは無理だし
いつも見るオオハシノスリより大きいようだし。。
タニシトビとは嘴の形が違います。
で調べてみるとオオクロノスリの可能性が。。↓

1 5 17 kuro fc


いつかはっきり見れる事があると良いのですが。

🦅🦅🦅