fc2ブログ

アカハラハイイロリス再び クロリスも


先週金曜日は職場の研修日で1時間ほど早く切り上げたので
ガソリンスタンドの向こうの牧場へ。
公社の駐車場に蝶が集まっているかもと思っての事でしたが
結構野草が刈られていて期待外れでした。

もっと向こうの牧場に行くと久しぶりにリスがいました。

1 1 3 3 fc

結構遠くだったので前の写真↑


前この辺に居たのはメキシコハイイロリスですが
(茶と灰色の部分がちょうど反対になったようなリス)
6 11 na fc


これはアカハラハイイロリスです。
6 7 na fc


すぐ私に気付きましたが
6 5 na fc


遠いから良いやと言う事でしょう。
寝そべったり
6 6 na fc


身繕いしたり
6 8 na fc


カキカキしたり
6 9 na fc


全身のお手入れでした。
6 10 na fc


とうとう全身が見れませんでしたが
実際は中々面白い毛色です。↓
1 1 3 2



近くにはこれも久しぶりに見る野草
アフェランドラ(キツネノマゴ科)
6 21 na fc


珍しい植物と思ったらマンゴーの幼木の新葉でした。
6 20 na fc


向こうにはもっと遠くにいたらしい羊たちが
ぞろぞろと草食みにやって来ました。
6 22 na bu fc



そうこうしている内に向こうに現れたのはこの辺で
最も多いクロリス。アカハラもこのクロも
メキシコハイイロリスのバリエーションで同じ種
6 12 na ya fc


結構大きなものを咥えていますがよく見えません。
6 23 fc



かなり近くの枝を通ったのですが
シャッターが間に合わないぐらいの速さで移動していきます。
6 13 na ya fc


上下左右自在にだけでなく時には跳んで動きます。
6 15 na fc


どんどん奥へ行って見えなくなりました。
6 14 na fc



僕も居るよ~とオレンジムクドリモドキ

6 3 na fc


何か美味しいものを見つけたようです。
6 2 na fc


蜘蛛の巣のようなものが見えるのでかかっていた虫かな?
6 1 fc


食べ終わって満足して去って行きました。
6 4 na fc


自宅近辺ではほとんどリスを見なくなっているので
2匹も見れて楽しい日でした。


  









スポンサーサイト



子羊と警戒モードの母羊と


コロモ地区の定期観察に行きました。

帰国してからもう4か月、入口の池の木々にイグアナを見ていないので
探していると、近くに居たのは羊たちで
その中に数日前に生まれたと思われる子羊がいました。

2 14 na fc3


2 9 na fc


2 12 fc


飼い主じゃない人が近づくと逃げる事が多いんですが
この日はあまり気にしていなくて外の草を取ってやると
うれしそうに食べていました。

でも子羊の親は私をガン見
”あんた誰?”
2 15 na fc


”メェ~メェ~飼い主さん怪しいおばさんがいるよ”
2 17 na fc


立ち止まっている隙に”お乳飲んじゃおう”
2 18 na fc


”ダメダメ 飼い主さんに知らせなくちゃ”
2 19 na fc


どれかが声を上げたり動き出すと他の皆も動き出すんですが
この日の仲間は知らん顔(-ω-)/ で、また戻って来ました。
”もうお母さん何考えてるの?”
2 22 na fc


今度はこちらから向こうへ行こうとしますが
扉が閉まっています。
”四面楚歌か。。”
2 24 na fc


盛んに鳴き続けていますが皆は草食みに夢中
子羊は疲れて座り込みました。
2 26 na fc


”疲れちゃった~そんなに気にしなくても良いのに。”
2 29 na fc



池にはほとんど鳥も見当たりませんが
2 3 fc



手前の枝にちょうど獲物をとったらしいダイサギ
2 30 fc


やおら向こう岸へ飛んで行きました。
2 6 fc


向こうの方にはコサギが1羽
2 7 na fc


今度はコサギの居る方へ移動
2 8 na fc


ここに2羽だけと言う事は。。この先にも鳥は少ないかもと
予想しましたが一応行ってみました。
ー 続く ー



その後のイグアナのハーレム 川は干ばつの兆し


2匹のグリーンイグアナ雄がテリトリー争いしていたり
次には1匹の雄に3匹の雌が近くにいたりと
騒々しいコロモ地区の池でしたが数日後また行ってみました。


例の雄はまったりお休み中
34 fc



同じ木に若い雄がいますが
若い場合は喧嘩にはならないんですね。
52 fc



若い方も目は半開きだけど
焦点が合っていないので寝ているようです。
33 fc



こんなに傾斜があるのによく落ちないものです。
35 na fc



少し動いたのでアップ

指の1本は半分なく、もう1本は怪我をして皮が剥がれています。
かなり激しい戦いをするようですね。
40 na ya fc


”イヒヒヒ・・夢でも見たかな?”
41 na fc




向こうのマクリィの木の根元にはまだ3匹の雌
37 na fc



と思ったら1匹は若い雄だったようです。
どちらか振り向くかもと番いを持つ練習をしていたのかも。(笑)
38 na fc



上の方には他の番い?
39 na fc



すぐ傍にはアメリカササゴイ
36 na fc


餌を食べた後なのか羽繕いしていました。
42 na fc



向こうの方にはほんの少し水のあるところで
採餌の20羽ほどのシロトキ
43 na fc

44 na fc



川の水位は日ごとに下がって行きます。
50 fc

51 fc


2月まで満水で一部岸まで水浸しになっていたのに
今はすっからかん
48 na fc



こんな感じでもインガの花は満開になっています。
45 fc


実は鞘になり中の白い部分が食べられるため
”アイスクリームの木”とも言われます。
46 na fc




49 na fc



今日は用事で最も暑い時間の2~3時ごろうろうろしていましたが
家の中で37.5℃、外は40℃を越していたと思われます。
お手柔らかにとは願いだけの事になりそうです。(^▽^;)



🌞🌞🌞




ガォ~ッ!まるでゴジラ、イグアナのテリトリー争い


コロモ地区の入口にある池に最近よくイグアナを見ます。
ある日手前の木に居たイグアナが木から降りて
向こうの方へ歩いて行くとあちらの木から
住人らしいイグアナが降りて来て喧嘩になりました。
テリトリー争いですね。

62 fc hyo ok



最初はグー✊じゃないですが見合っているだけ
33 na fc


木から降りて来た方は顎を上下させました。
”ここは俺の領地だぞ”とテリトリーを示していると思われます。
35 na fc


こちら飼いイグアナのようですが
顎上下している動画です。




こちらが手前の木に居たイグアナ
13 na fc


木から降りて散歩に出た感じでした。
11 na fc


歩いたり立ち止まったりしていると向こうの木に居たイグアナが
気付いて降りて来たと思われました。
12 na fc



逃げ始めたイグアナをもう1匹が追いかけます。
65 fc


近くにいるアノールトカゲが雰囲気に気付きました。
64 fc



”何だよ 今度はおいらのテリトリーに入って来たじゃないか”
38 na fc


”おい 向こうの木へ帰れよ”
41 na fc



”お前だってかなり俺の家に近づいただろ”
42 na fc



”行く気がないなら戦うしかない”
ガォ~ッ
46 bu fc hyo


”負けるもんか”
47 na fc



”どうだい降参か、まだやる気かい”
”当たり前だよ。こうなったらとことんやるぜ”
51 na fc


”かかって来いよ”
52 na fc



63 fc



やおら戦うのを止めた1匹
53 na fc


”俺の方が強いと分かったようだな”
54 na fc


何も言うわけでもないですが
自分より強いと分かった方は方向転換
”おいらの負けか・・(´Д⊂グスン”
55 na fc


向こうの草地へ歩いて行きました。
56 na fc



勝った方は一息付いてから
59 na fc


また顎上下をしてテリトリー表示してました。
60 1 na fc


池の周りに結構木はあって喧嘩しなくてもと思いましたが
他の日に雄と雌が一緒にいるところを発見。
繁殖期が近かったからかもしれません。
雄同士の争い初めて見ましたが面白かった~(笑)

*尚このオレンジ色のイグアナはグリーンイグアナの成獣です。


🐊🐊🐊










湖畔の馬たち ひょっとしてオビハシカイツブリ?


近くの湖へ行ったらやはり鳥の姿はなく
馬が2頭連れられて来ていました。

番いなのか親子なのか仲良く草食みしていました。
36 na fc



”草がもりもりあって嬉しいな”
38 na fc



”おばさん暇だねぇ。”
31 na fc



杭が1本も見えないからカワウも来ていないようと
見渡していると。。
32 na fc



あれ この鳥は?
黒くないし首がカワウより短い感じです。
33 na fc ok


すごく泳ぐのが速い上潜っては
あちこちへ移動するので中々捉えられません。
34 na fc



カイツブリらしいけどこの辺にいる
ヒメカイツブリと何だか感じが違いますよ。
35 na fc



ちらっとこちらを向いた顔を拡大↓
嘴に筋模様があり目も黒いので
オビハシカイツブリと思われます。
42 na bu fc



この辺にいるヒメカイツブリ
全体に黒っぽくて眼は黄色
50_20230225183646c5b.jpg


こちらは嘴に線がある
オビハシカイツブリ
色も茶色っぽくてこちらに似ています。
49 fc2



初見の鳥らしきを見て喜んでいると
木と草わらとを往復している2羽の鳥がいました。
40 na fc


最近庭にもあまり来なくなった
インカバトです。
47 fc



何もないだろうと想像しながら行くのですが
結構色々あるものですね。