FC2ブログ

可愛らしいチビメジロハエトリ パンターノ(湿地)その2


この辺のパンターノ(湿地)は海べりの町”フロンテーラ”まで続きますが、
ただ湿地が続くだけの道なので途中の町”ホヌタ”にでさえほとんど行く事は
ありません。行ったのは多分20年前ぐらい、ある知人を訪ねての事でした。

時々行ってみようかな~と言う気にはなるのですが、40㎞の距離と
道の悪さを考えると意気消沈になっていたのです。
ただこの日はビッツァル地区まで行って数羽の鳥にしか遇えなかったので
この先へ行ってみようと言う気になったのでした。


少し行ったところで木陰になる枝に止まっていたのは
チビメジロハエトリ
1 1 1 1 1 30 29 (2) fc


我が家の裏庭にもたま~に来る鳥です。
1 1 1 1 1 30 30 (3) fc


誰だ~見てるのは~
1 1 1 1 1 30 28 (2) fc2


気付いたにも関わらず向きを変えただけ

通り抜ける風に胸羽がふわふわ
1 1 1 1 1 30 31 (2) fc


気持ち良さそう~
1 1 1 1 1 30 32 (2) fc




反対側には背の余り高くない草原が広がります。
1 1 1 1 1 30 23 fc2 1bueno


1 1 1 1 1 30 24 fc


かなり向こうにですがサギらしきの群れを発見。
1 1 1 1 1 30 11 fc


左手奥には
1 1 1 1 1 30 26 fc

牧場
1 1 1 1 1 30 25 fc



時々見るその辺の草木に絡みついて生っている丸い実。
誰かの捨てた種から生ったメロン🍈と思っていたのですが
どうやら野生のかぼちゃのようです。
1 1 1 1 1 30 2 fc

1 1 1 1 1 30 1 fc

かぼちゃの向こうに見える沼
真っ青な何かに覆われているように見えます。
1 1 1 1 1 30 3 fc

ウキクサです。
最近こうなった池や沼を良く見ますが水の浄化作用は良いとして
水の表面が覆われる事で
水中に光が届かず動植物に影響を与えそうです。
1 1 1 1 1 30 4 fc

1 1 1 1 1 30 5 fc


まだこの先へ行きますよ。

1 1 1 1 1 20 10 fc



おやつに好物の”ビスケッ”のレシピ探して作ってみましたが…
結果は何これ?でした。(*_*;
パンでなくて本当のビスケット風、かたい!👀
温度が高過ぎた、ベーキングパウダーが古かった、バターが柔らかすぎた???

味は良いので食べましたけどトホホ…

1 1 1 1 1 1 10 9 1 fc bueno

ガリガリ…(笑)




スポンサーサイト



スーパーフード色々 バジルシード/チアシード/ニオイニガクサシード


この間スーパーで買ってみた清涼飲料を冷蔵庫に入れて忘れていました。
ただし”ブラジルシード”入りと読んでこれに興味を持ったのですが…

1 1 1 1 1 1 10 5 2 fc

良く見ると”バジルシード”でした。(笑)
1 1 1 1 1 1 10 5 3 fc

スパゲティ料理に欠かせないバジルの種です。
1 1 1 1 1 1 10 11 fc




1 1 1 1 1 1 10 5 4 fc

いずれにせよ
この粒々を見てチアシードを思い出していたのです。
1 1 1 1 1 1 10 4 8 fc (2) fcbueno

1 1 1 1 1 1 10 4 7 (2) fc2



チアシードは…
その昔はとうもろこし、小豆に次ぐ
メキシコの3大フードのひとつでした。

スペイン人が植民地化を進める上で他の穀類の耕作を推奨したため
いつしか無くなりかけていたが、メキシコでは北部ハリスコ州の山地や
グアテマラ、エルサルバドルには残った。ハリスコ州のチアシードは
日本、アメリカ、ヨーロッパに輸出されているほどである。

最近は健康ブームでどこのスーパーにも並んでいるし
値段も手ごろなので家には常時買い置きしている。
1 1 1 1 1 1 10 4 1


15分ほど水に浸して置けば表面がゼラチン状になってくるので
飲み物やヨーグルトに混ぜて頂く。(もちろんそのまま飲んでも良い)
1 1 1 1 1 1 10 4 2 fc1 1 1 1 1 1 10 4 3 fc


レモネードに混ぜるとバジルシードの飲み物↑にそっくり。
なぜならどちらも「シソ科」植物だからでしょう。
1 1 1 1 1 1 10 4 5 fc2




さらにこの辺の野草として見る”ニオイニガクサ”の種も
かつては飲み物に混ぜて使われていました。

湿地観察に訪れたビッツァル地区にもありました。

1 1 1 1 1 1 10 7 fc

可愛い花が咲きます。
1 1 1 1 1 1 10 8 1 fc

特有の香りがして(少し強すぎるくらい)
バジルと同じくハエや蚊を寄せ付けない効果がある
というので一枝採って来ました。
 1 1 1 1 1 1 10 5 (2) fc

とげのある面白い形のがくの中に種が2個入っています。
これを飲み物に混ぜて飲む訳です。
1 1 1 1 1 1 10 5 1 (2) fc
大きさは3mm程度

チアシードには、αリノレン酸(オメガ3)、必須アミノ酸、鉄分、
カルシウム、マグネシウム、タンパク質、食物繊維(一部水溶性)が
含まれており、抗アレルギー、悪玉コレステロール値を下げて
動脈硬化や心臓疾患、他生活習慣病の予防、便秘解消、美肌、
アンチエイジング、ダイエットなどへの効果が期待できると言われています。

同じシソ科のバジルシードもニオイニガクサの種にも
同じような薬効があるようです。
ニオイニガクサの種ならただですがどこにでもある訳でもないし、
種が小さいので毎日続けるための分集めるには結構な時間が必要。(*´Д`)
たくさん出回っている”チアシード”利用が良いようです。

1 1 1 1 1 1 10 10 fc



ビッツァル地区のさらに向こうの湿地帯にも行ってみました。
次の記事で紹介します。
1 1 1 1 1 1 10 6 fc


🐎 🐎 🐎


日本にお株を奪われた”コスモス”

近所で珍しくコスモスを見た。
相当前の事になるが、隣のオアハカ州へ行った時
山地の道端に生えているのを見て花壇に植えられていない事を
不思議に思ったものだった。

1 1 1 1 1 60 11 fc2


それもそのはずコスモスはメキシコ原産で
メキシコからスペインのマドリード王立植物園に送られ
”コスモス”と名付けられたと言う経緯がある。

1 1 1 1 1 60 8 4 fc2
腹部が黄色い蜂は↑チュウレンジバチarge pagana?

メキシコに来た当時、南米でカメラを盗まれてしばらくイラストやメモだけで
日記をつけていてそこにコスモスの絵もあったはずなのだが見つからない。
そこでネットで写真を探す事にしたが、”コスモス”で検索すると
出て来るのは日本の○○公園のものばかり。(*´Д`)
スペイン語のウィキにも”雑草として増えていたため駆除されて
今は野生のものは見当たらない”と。。(*_*;

つまり”コスモス”のお株は日本に奪われたと言う事になるのです。( 一一)

1 1 1 1 1 60 8 2 1na fc2


ウスベニタテハ
1 1 1 1 1 60 12 1na fc2

種の保護のために
来年は私も庭に植えようかな~
1 1 1 1 1 60 10 1 fc

日本のより大きくて(2m?)
ほとんど見上げる花ばかりになりました。
1 1 1 1 1 60 8 3 1na fc


花びらの落ちた後も面白い。(^^♪
1 1 1 1 1 60 13 fc



こちらも一度だけ見た事がある
キバナコスモス

1 1 1 1 1 60 4 fc


皆さんはコスモスの原産地の事知っておられましたか?


追記:
良く見たら。。葉がダリアのような幅広いものになっていました。👀
コスモス属には29種類あるのでその中のひとつでしょう。
詳しい説明はこちらで





蘇ったパンターノ(湿地)


土曜日は隣市へ買い物に行こうかなと思っていたのですが、
ビッツァル地区の向こうのパンターノ(湿地)が大雨の後
どうなったか見に行く事にしました。

コロモ地区でも至る所に水たまりが出来ていました。
1 1 1 1 1 53 fc


1 1 1 1 1 54 fc


大サギがいますがその傍にいるのは
1 1 1 1 1 50 fc


シロトキの若鳥
1 1 1 1 1 51 fc


えっ?お母さんと間違っているのかも。。
1 1 1 1 1 52 fc

一定の距離を保って一緒に行動しているようでした。
親とはぐれたシロトキとシラサギの交流
”あんた顔が赤いよ”
”うん、日に焼けたんだ”



1 1 1 1 1 58 fc


アメリカササゴイは餌探しに集中
1 1 1 1 1 55 fc


ヒルガオ科の
タービナ・コリボサ
1 1 1 1 1 61 fc

草木が茂っている場所でスピードを落としたら
直ぐ脇でクワ~と素っ頓狂な声がして見ると
怖いおじさんと言う感じのハゲノドトラフサギが木の上に
1 1 1 1 1 62

驚いたのか怒ったのか。。おしっこをしたのですが
バケツで水を注ぐようにザーザーバシャッ
凄い量でした。👀初めて見て驚いた~
真下にいたら大変な事に。。(笑)


ビッツァル地区に入ると名物の
ベニタイランチョウ
1 1 1 1 1 59 fc


草ばかりが見えていた場所に沼池が現れて
瑞々しい景色が広がります。

1 1 1 1 1 60 fc


この先まだ20㎞の隣町ホヌタまで行ってみようと言う気になって来ました。

続きます。



メキシコのメロン色々


世界で最も消費されるフルーツはオレンジ、バナナ、ぶどう、
次いでメロンだそうです。
メキシコでもほぼ同じでメロンは北部コアウィラ州が一番の産地
だそうですが、1年中切れることなく八百屋、スーパーに並ぶところを
見ると冬場は南部生産のものが供給されていると思われます。

1 1 1 1 1 10 24 fc



普通に”メロン”として食べられているものは
インドが原産地らしいですが
メキシコ原産の野生種メロンもあります。

ビターメロン
1 1 1 1 1 10 22 fc2bueno


苦瓜の原種で南米では薬用として使われているようです。
熟れるとひとりでに実が弾けて赤い種が現れます。

1 1 1 1 1 10 21 fc



こちらは”アメリカスズメウリ
1 1 1 1 1 1 10 20 fc


熟れると黒くなり
1 1 1 1 1 10 19 naosi fc2


味瓜のような香りと味がします。
1 1 1 1 1 10 19 1 fc

どちらもその辺の草藪に生えていますが
採って利用する人はあまりいないようです。( 一一)



さて、少なくともこの辺では
買ったメロンがいつもおいしいとは限りません。
この間買ったメロンがそうでした。
早く採り過ぎたのか甘みが足りない。(*´Д`)
そこで。。ジャム風にしてみました。
1 1 1 1 1 10 1 fc


三分の一強がこれっぽっちに。(/ω\)
グァジャバも買い過ぎて悪くなりそうだったのでジャムに。
1 1 1 1 1 10 26 1 fc
頗る香りの良いジャムです!


とろとろしているのでヨーグルトに混ぜて
1 1 1 1 1 10 8 (2) fc


生クリーム、牛乳とのゼリーに
1 1 1 1 1 10 3 (3) fc


色々工夫しましたけど次は甘いものに当たって欲しいな。😋

🍈 🍈 🍈


白いメキシカンクリーパー(アサヒカズラ) フィッシング詐欺


コラル(珊瑚)の淡いピンクに例えてコーラル・バイン
とも言われるメキシカンクリーパー
この辺でも人気の庭花である。

ピンクが唯一と思っていたら
友人宅の傍に白のものがあった。
1 1 1 1 1 1 10 22


1 1 1 1 1 1 10 7 fc2


メキシコではグアダルーペ女神信仰の元になった、
病気の父思いの若者ディエゴが真冬の山中で出合ったピンクのバラ
に因んで”ロッサ・デル・サン・ディエゴ
(聖ディエゴの薔薇)とも呼ばれる。
真っ白ではなく微かにピンクを帯びている感じ
1 1 1 1 1 1 10 6 fc

1 1 1 1 1 1 10 21 fc




こちらが普通にどこでも見られる
メキシカンクリーパー

薄いピンク~濃いピンクのグラデーションがきれい
ax72.jpg



少し昔近所の方が持っていたものの写真を見てみると。。
グラデーションの中に白いものも。
元々白いまま色の変わらないものもあるのかも
なぁんだ~( ゚Д゚)
分かって残念と言う事もあるのだ。(-"-)
1 1 1 1 1 1 10 12 fc






先日夕方庭の掃除をして終わって家に入ったら首や肩の辺りがチクチクする。
モスキート(蚊)!と思って掌で適当にパンと叩いたら当たって床に落ちた。
大きさに驚いた!
口?の長さも入れたらほぼ一円玉と同じ。👀
1 1 1 1 1 1 10 8 fc

こんな大きいものもいれば(もっと大きいものもいるそうですが)
網戸をくぐってしまう極小もいます。
常夏の地のマイナス点です。
1 1 1 1 1 1 10 9 fc (2)





フィッシング詐欺に注意!

「amazon」でネットショッピングする人は多いですが
ある日届いたメール
1 1 1 1 1 1 10 16


確認アカウントと言うのを開いてふと思ったのは
なんかおかしい。
住所、氏名の他に登録カードナンバー
何 ナニ。。。??
ネットで調べてみるといつごろからか出ている
「アマゾン」を名乗るフィッシング詐欺

一応、日本の住所は実家のものになっているけどそれも適当に変えて
さらに登録カードナンバーも消しておきました。
”念には念を入れよ”です。

ネットは便利だけど
個人情報の流出にくれぐれも注意しましょう。



チャイロカケスの群れ


先日、隣町へ行った時の「寄り道」の続きです。

オナガハヤブサを見て車に乗り数m行くと今度は甲高い声を上げて
たくさんの黒い鳥が飛んで来て近くの木に止まりました。
チャイロカケスでした。

Psilorhinus morio
1 1 1 1 1 20 29 fc
   

成長過程によって腹部の茶色いものと白いものがあるようですが
黄色い嘴と黄色いアイリングが特徴。
1 1 1 1 1 20 27 (2) fc


後ろ姿で おっと失礼 (/ω\)
1 1 1 1 1 20 24 fc



何時もの事で数本の木を行ったり来たり
追いかけっこをしているのかけんかをしているのか
とにかくけたたましい。
1 1 1 1 1 20 11 fc


何か獲物を得たようです。
1 1 1 1 1 20 12 5 fc


1 1 1 1 1 20 12 6 fc



チャイロカケス
北はアメリカテキサス州~メキシコ湾岸~中米にかけて住んでいる。
最も数が多いのは北は米テキサス州、メキシコでは隣州のベラクルスらしい。
この鳥には巣を守る”警備隊”グループがおり
無事に成長するよう見守ると言いますからエライものです。
幼鳥、若鳥が多いので養育中なのかもしれません。

1 1 1 1 1 20 12 7 fc



一旦全部が他の木に移ったと思ったら今度は
道路脇の柵に止まりました。

1 1 1 1 1 20 12 8 fc


また先ほど持っていた獲物?を持って来ました。
こちらから見ているだけでは何か分かりませんが
臭いでもするのか執拗に銜えています。
1 1 1 1 1 20 12 10 fc


またまた木に止まりました。
今夜はどこで野営するのでしょうか。
1 1 1 1 1 20 12 11 fc

中央のものが足も黒っぽくなり腹部は白い成鳥
1 1 1 1 1 20 23 (2) fc




買い物に行くのが遅くなってしまいました。( ゚Д゚)
陽が沈もうとしています。
1 1 1 1 1 1 26 fc


1 1 1 1 1 1 27 fc





デュランタは人気の庭花の一つですが

1 1 1 1 1 20 14 fc

カジェホン(裏道)の花壇に
デュランタ・レペンスを見ました。
1 1 1 1 1 1 54





寒波で発生した「海の泡」が住宅地に流れ込む / ビスケッ(パン)


先々週の事、午後いつものように家事をしながら
TVニュースを見ていると。。。
ええ~っと驚く情景が流れた。

正直注意して見ていた訳ではなく”何なのか”の説明を聞かなかったため
ついにメキシコ南部にも雪が降った”と思ったのだった。
(サハラ砂漠に3回も雪⛄降ってますからね~)
1 1 1 1 1 1 3 fc

タバスコ州カルデナス町の海岸

1 1 1 1 1 1 4 fc


ネットで見てみるとこれは「海の泡」で浜へ押し寄せて来た量が多かったため
住宅地にまで入り込んだものだった。
ある家の方は身動きが取れなくなり救助隊出動と言う場面も。

1 1 1 1 1 1 5 fc

「海の泡」(日本では「波の花」)の正体はプランクトンや海藻類。
気温が低く海が荒れている時、プランクトンや海藻類の粘液が
波に揉まれ白い泡の発生となる。

日本では冬の能登半島や北海道の石狩、留萌などで見られるそう。
(ただし発生条件として気温0℃以下とあるが、ここではこんなに
気温は下がらないが風の強さなど海の時化方がひどかったのでしょう)

それにしても海や海岸にあるのは良いとして
自分の家の庭にまで押し寄せて来たらびっくり仰天ですね。👀

 1 1 1 1 1 30 23 fc


さてこのニュースを見て泡は「有毒なものかどうか」に関心が寄せられました。
と言うのは少し前中央部プエブラ州である川に高さ6mの泡の山が発生。
物見がてら立ち寄った男性がセルフィをしようとして足を踏み外し
泡に飲まれると言う事故が起きていました。5日間の集中捜索の結果
男性は見つからずその後50㎞先の下流で死体となって発見されました。
こちらの泡は家庭下水、工場汚水が混ざった有害なもので
早急の対策が望まれていたところでした。


大型扇風機で泡を飛ばそうとしている?
1 1 1 1 1 30 25 fc

因みにプエブラ州では泡が発生したのは今回が初めてのようですが
5つある川は全て汚染されていて行政の対応が待たれているそうです。( 一一)
1 1 1 1 1 30 26 fc




🍞 🍞 🍞 🍞 🍞


有毒泡の後でなんですが大好物の”ビスケッ”を買いました。
中央に丸い模様のある塩味バターパン
鉄道が敷かれ始めた当時、労働者用のパンとして作られていたものです。

1 1 1 1 1 30 29
オートミールのアトレと。


チーズ入りです。😋
1 1 1 1 1 30 28


🧀 🧀 🧀


サトウキビのおやつ


12月がもうすぐに迫って
八百屋にサトウキビが並ぶようになりました。

おやつに少し買ってみました。
1 1 1 1 1 30 15 fc


皮を剥いで細く切れば出来上がりの簡単おやつ。
繊維はかたくて嚙み切れないので
頬張って果汁を吸います。
1 1 1 1 1 30 21


今でも土地に余裕のある人は庭の片隅に数本植えていて
時々切ってフルーツとして食べています。


果汁を絞るには特別な機械がいるので
”ジュース屋”へ行かないと飲めないですが
さとうきびジュースは中々美味しいものです。

美味しいだけでなく、含まれるビタミン類、ミネラル類は
がん予防、糖尿病の症状緩和、メタボリズムを保つ、便秘解消、
消化を助ける、抗酸化作用などの薬効もあります。

1 1 1 1 1 30 10 fc


今頃になるとなぜ売っているかと言うと
12月のクリスマス前後のイベントやパーティに
ポンチェ”(フルーツポンチ)が
用意される事が多いからです。
1 1 1 1 1 30 14 fc
りんご、テホコテ、梨、グァジャバ、さとうきびなど
色々なフルーツを煮たもの
大人はこれにブランデーやラム酒を加えてカクテル風にして飲みます。
おいしいよ~😋



この辺は産地ではありませんが栽培している人ももちろんいます。
1 1 1 40 5 fc


コロンブスがスペインからアメリカ大陸へ広めたサトウキビ

さとうきびはマレーシア、インドネシア辺りが発祥地で紀元前8000~15000年
にはあったとされています。作物として栽培し始めたのはニューギニアで
紀元前1000年ごろにはインドでも始められていたようです。

5世紀には地中海域、エジプト、モロッコなどでも栽培が始まり、
10世紀~15世紀にはヨーロッパの多くの地域に広がりました。
16世紀になりコロンブスがキューバに齎し
今ではアメリカ大陸のほとんどの国で栽培されています。
収穫量でもブラジルはすでにインドより多く、最近はペルーが
インドを抜く勢いのようです。(メキシコも世界6位の生産高)
1 1 1 40 6 fc

葉が緑の物と紫のものがあるようです。

1 1 1 40 7 fc


誰かが植えたのか捨てた部分から生えたのか
時々その辺の草むらにも見られます。
1 1 1 1 1 30 11 fc

属が違うが穂は「オギ」のものによく似ている。
1 1 1 1 1 30 12 fc


話は変わりますが。。
昨日今日と晴れた夜空で星がきれいに見えています。
”見上げてごらん夜の星を。。♪♬(^^♪”





感激のオナガハヤブサとの出合い ~絶滅危惧を経て~


先週どうもマウスの調子が悪いので隣町へ新しいのを買いに行きました。
長雨で頗る道路の状態が悪いのでいつもの”寄り道”は止めて。。
と思っていましたが、寄り道への入り口が目に入ると
そちらへハンドルをきってしまいました。(笑)

しかし。。小鳥の声は遠くに聞こえるもののカラスすらも見えません。
諦めてUターンしほぼ半分くらいの道のりを戻ったところで
向こうの木に2羽の鷹類を発見。
やった~!
1 1 1 1 1 65 1 fc


1 1 1 1 1 61 1 fc


カッコいい~!(^^)!
1 1 1 1 1 65 7 fc


家に着いて調べてみると
オナガハヤブサと分かりました。
学名はFalco femoralis
1 1 1 1 1 65 8 fc


絶滅危惧を経て再び。。
オナガハヤブサは1950年ごろまでアメリカ南部に普通に見られた鳥でしたが
1970~1986年観察記録がなくなり”絶滅危惧種”に指定されました。
そして保護育成、人工繁殖がなされアメリカテキサス州~ニューメキシコに
900羽以上が放されました。しかしそれは上手くいかず再び人工繁殖を繰り返して
800数羽を放したところ2012年にメキシコチワワ州で30組の番いが観察されました。

温暖化と旱魃、開発により彼らの住処に適した草原がなくなり
急激にオナガハヤブサは減って来ました。

青ー59%生息域を得た場所、赤ー77%ー生息域を失った場所
1 1 1 1 1 1 61 fc


メキシコ湾側(南東部)は赤くなっているので数少ないものを
見られた事になります。

羽繕いを始めました。
1 1 1 1 1 64 7 fc


1 1 1 1 1 64 9 fc


1 1 1 1 1 64 5 fc

確かに尾羽が長いですね。
1 1 1 1 1 64 6 fc


雌の方が大きいので左上が雄、右下が雌でしょう。
1 1 1 1 1 62 2 fc

頭部に線状の模様があるのが特徴です。
1 1 1 1 1 65 4 fc


かなり遠く車から出ずに撮影していたのですが
ちゃんと気づいているようです。
1 1 1 1 1 65 2 fc


1 1 1 1 1 65 5 fc


繁殖は春から夏にかけてなので今はひょっとしたら渡りの途中なのかもしれませんが
この辺に巣を作って雛が生まれたりしてくれたらうれしいなぁ~
1 1 1 1 1 61 fc


しばらく見ていましたがお二人に変化はないのでお暇する事に。

1 1 1 1 1 60 fc

この後横道の入り口に近いところでまた他の鳥に遇う事に。
これだから”寄り道”は止められません。(笑)
続きます。

🐦🐦🐦🐦